博打と運用の違い

博打と運用の考え方の違い

博打とは、金銭や品物を賭けて勝負を争う遊戯のこと

運用とは 、そのもののもつ機能を生かして用いること。

正式な意味はこういうことだね。

だけど賭け事の考え方としての『博打』『運用』はちょっと意味が違うんだよね。

時間がないから早く教えて。

まず一つ目は、
直感や偶然に任せた勝負をするのが『博打』で、
根拠に基づいて勝負を厳選するのが『運用』だね。

二つ目は、
その場の勝ち負けだけで判断するのが『博打』で、
勝負を繰り返した未来を想定しているのが『運用』だね。

ふーん。抽象的すぎてよくわからないね。

わかりやすく言うと、
パチンコでお金を『運用』しているのがパチプロで、
パチンコ店に『運用』されている顧客がやっているのが
『博打』、
競馬でお金を『運用』しているのが競馬のプロで、
JRAに『運用』されている顧客がやっているのが『博打』
だね。

なるほど、パチプロは勝負を繰り返した先のことを考えていて、パチ狂いは知らない間にパチンコ店に運用されていたんだね。

ギャンブル依存症の問題は根が深いのだよ……

まとめ

博打と運用は対義語ではなく、

博打と運用の本来の言葉の意味を合わせると

金銭や品物を賭ける機能を上手くいかす

FXで資金を運用するにはどうすればよいのか

FXで資金を運用したいなら大きく分けて、3つの事を理解する必要があるんだよね。

それはまた次回説明するね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)