【BT4】バックテスター個別説明【平均値幅ブレイク×大陽線、大陰線】

上の画像のように、過去X日の平均値幅を実体の大きさが超えた場合にエントリーし、その結果を集計します。

売買条件

パラメーター

値幅切り替え:平均をとる値を、値幅もしくは実体から選択できます。

期間:入力した本数分のローソク足の平均値を実体が超えた場合にブレイクとみなします

倍率:過去平均値にかけることで、ブレイク判定にに必要な数値を変更することができます。

   過去平均値が100 倍率1.5の場合150以上の実体でブレイクとみなします。

大陽線、大陰線の条件設定

実体の大きさ:実体の大きさを指定できます

進行方向のヒゲの割合:小さくするほど坊主(ヒゲなし)に近づき0%で坊主を指定することができます。

損切り位置

買い ブレイクしたローソク足の安値

売り ブレイクしたローソク足の高値

年数、時間

年数、MT4時間(GMT+2)、ストップ幅によるフィルターをかけることができます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2022-09-15-223704.png

リワード

リワードを0.1~10の間で設定できます。

#バックテスター #大陽線 #ブレイク

コメントを残す